【夏休み企画】1日1VR(サバゲー?FPS?いいえ!新感覚シューティングです。) その3前編

 どーも、T-kazuです(*´∀`*)

いよいよ戦闘開始!なんのことかって?それでは前回、前々回の記事をどうぞ

【夏休み企画】1日1VR その3前編 - T-kazuのブログ

【夏休み企画】1日1VR その3前編 - T-kazuのブログ

気づいてしまいましたね…タイトルが変わっていないということに!!ガ~ン(T_T)

 

もう少し、ない知恵を脳みそ絞るようにひねって修正するのでリニューアルまで待ってね

(*´∀`*)<そんな日来るんか~来るんか~来るんか~

 

さて、メインスタジオへとやって来ました。

壁は黒く、天井は鉄骨?

(テレビのスタジオの上部ってフレームに照明とか取り付ける無骨な感じじゃないですか~

<共感は得られるのか?>あんな感じです。)

中央に太い柱が有り、そこを中心に開始位置にスタンバイします。

 

ここで機材チェック!実際にヘッドセットを被り、ヘッドフォンから上官の指示が聞こえるかをチェックします。

 

はい!はーい!聞こえてますよ~おっと、違った(^_^;)

イエス、アイマム!(`・ω・´)ゞビシッ

他の仲間の声も聞こえてます。感度良好~

他のメンバーからは、

私のキャラクターCGとハンドルネーム

(今回はkazuで呼んでもらってます。)と見えているはず…

 

ヘッドセットを被ると、電脳空間(よくある青白い、バーチャル空間と、ワイヤーフレームで床や、壁が表示されている映像を思い浮かべてみてください。想像出来ましたか?)が広がり、自分も青白いキャラで表示されました。

そのままの状態では丸腰ですので、

(ゾンビハンターがゾンビになってしまうので、)

武器を受け取ります。この感覚を伝えるのが難しいのですが、視覚認識の外から、

武器(専用のガンコントローラー)を受け取る時の違和感が凄いです(^_^;)

暗闇で何も見えていないわけではない。むしろ、明るい光の中にいるのですが、見えない

 

(。ŏ﹏ŏ)う~ん説明が難しい!

 

戦闘が開始するとそれまでのバーチャル空間から一転、ゾンビの群がるビルの隙間?に

転送されます!

 

襲ってくるゾンビを、避ける、撃つ、玉を込める!

まさしく、一瞬の判断ミスが生死を左右します。

(尚、死んだらゲームオーバーではなく一時的にゲームから除外されます。)

しばらくは、周りを認識する暇がない

状態でした。慌てすぎΣ(´∀`;)

 

因みに視界の隅には現在のチーム内順位が

表示されます。

気がついてから最後まで2位でした。

因みに終わってから成績の細かい内容(死亡回数、撃退数等)が登録したメールアドレスに届きます。1位の人との差が広かったです(^_^;)敵わねえ…

 

前回の成績とかも出るので、何度も通って

1位取りたくなる誘惑がヤバイです。

 

コレをやったこと無いゲーマーは

人生の9割損してるわ〜

っとソレは言い過ぎですが、私的には少なくとも新しいサービスに触れる感動で

カルチャーショックを受けるレベルでした。( ゚д゚)ポカーン

 

濃密な時間を経験するのってイイですよね!

興味がある方は是非是非体験してみてください。感激しますよ〜

(ただし、VR酔いにはご注意を。体調万全で挑みましょう)

 

東京ジョイポリス

ZERO LATENCY VR

 

以上。体当たり(むしろ玉砕?)レポートでした〜

 

まだまだ東京ジョイポリス

エンジョイするよ〜(≧∇≦)/お楽しみに〜

 

 

 

 

/*