読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
オススメ記事

究極のリモートワーク?〜ただの妄想記〜

21XX年、日本において長時間労働の概念は

崩壊しつつあった

1つのプロジェクトをアプリで進め

興味が起きた時だけサラッとアイディアを

出す。そしてアイディアの貢献度が

売上で帰ってくる・・・〜と言う妄想

 

どーも、T-kazuです。(*´ω`*)

 

あぁ出勤、職場に拘束、最低限度が決まった

労働時間・・・サラリーマンにはというか

私には辛い常識の数々・・・

 

そんな憂鬱な時はとりとめの無い妄想が

捗ります(*´ω`*)

さくらもも子もひたすら学生時代

空想してぼーっとしていたという話ですし

 

さくら日和 (集英社文庫)

さくら日和 (集英社文庫)

 

 新商品や画期的発明は企画担当者や

シリコンバレーの優秀な起業家にしか

許されない甘美な知的生産というご褒美

なのでしょうか?

 

世間には一般公募といった手法で

名前やデザインを募る事も有りますが

まだまだアイディアをお金にするという

生活が浸透するのは先なようです。

 

でも、1人の専門家が1日考える成果と

1億人が10分考えた成果だとどっちが

優れているのでしょう?

 

例えば、

日本人と言うラインのグループトーク内で

新しいお菓子のパッケージデザインについて興味のある人が話したり

デッサンラフ画を投稿してどんどん

プロジェクトを進めていきます。

お菓子パッケージだと収益の分配計算は困難かもしれませんが・・・

 

起業とか週末の副業より取り組むハードルの

低い事があってもいいと思うんですよ

 

バイトよりも短い雇われ労働?

 

たまには完全な妄想を書き連ねるのも

ありですな!\(^o^)/

 

〜続く〜

 

 

 

 

 

 

/*